August 15, 2017

広州市の駐車場でコンタクトレス決済による自動清算を実現








広東省広州市の駐車場出口の精算所では、カメラが自動的に自動車情報を認識し、開閉バーが開くと同時にドライバーの携帯に駐車料金引き落としを通知するメッセージが届けられる。金羊網が伝えた。

第3者決済サービスの支付宝(アリペイ)は10日、広東驛亭科技などの複数のIT企業と提携して、広州市内の駐車場100ヶ所以上にコンタクトレス決済による支払いシステムを取り入れた「スマート駐車場」を展開することを発表した。

スマート駐車とキャッシュレス社会の建設が進んでいくにつれて、スマート化されたキャッシュレス形式による決済モデルも駐車場に広がっている。アリペイのエリア責任者である玉愛氏は、「これまではドライバーは駐車料金の支払いに10秒ほど必要としたが、コンタクトレス決済ならば支払いをわずか2、3秒にまで短縮できる。その上、ビッグデータを通して、コンタクトレス決済による支払いデータを駐車場の所在地周辺のショッピングエリアのお得なイベントなどと結び付けることで、ドライバーに効率的で便利なサービスを提供することができる」とした。さらに、玉愛氏はコンタクトレス決済による駐車システムの進出が広州市のスマート駐車場の建設をバックアップすると指摘している。

広東驛亭科技の取締役である林建民氏は取材に応じ、これまでの駐車場が「情報の孤島」のように見えるとし、オンライン決済モデルを通じて駐車場のネットワークへのアクセスを実現することができるとした。また、今後はドライバーの情報システムと可視化管理システムの開発に取り組み、行政管理と不動産管理に対してデータベースを提供していきたいと述べた。






Posted by: ashleycl at 10:07 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 5 words, total size 2 kb.

June 14, 2017

すぐれ味す


さすがに渋谷も頭を下げた。

「すみません。余りに不躾でしたな。全方向から物事を見る癖がついているので、時々相手を不快にさせてしまいます。」
「刑事さんは、ニーチェをご存知ですか?」
「ニーチェ?名前くらいは聞いた事が有りますが、それ以外は知りませんな。」
「有名な言葉です。怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ……。」
「この頭では理解できませんが……意味深ですな。取り込まれるという意味ですか?」
「さあ、どうでしょうか。」

尊の顔は、もういつもの顔に戻っていた。
瞬間、肌を粟立てた渋谷はもう一度、頭を下げると寺川の家を後にした。

ふと、門を出る途中で何気なく振り返ると、リビングのカーテン越しに兄弟のシルエットが見えた。

背の高い影が手を伸ばし、もう一つの影が応えるとやがて影が一つになる。
渋谷はその場に凍りついた。事件当日、琉生を送り出した後、尊はすぐに隼人に知らせるべきかどうか迷った。
真っ直ぐな隼人には、嘘をつかせるのは無理だ。そこから全てが綻ぶような気がした。
尊は琉生を守る方法を、限られた時間の中で懸命に考えた。

自宅に急いで帰った尊は、父の部屋へ駆け上がると上着のポケットから携帯を探し出し、隼人に短いメールを打った。

『琉生の部屋にいる。気分がないから、迎えに来てくれ。』

おそらくこれで、隼人は驚き琉生の部屋へ飛んでいくだろう。直ぐには移動できないだろうから、その間に父の遺体を連れ帰ればいい。
尊は一つ息を吐いた。

もしかすると、いつかはこういうことになるかもしれないと、どこかで思っていた気がする。
確かにひどく驚きはしたが、尊は冷静に脳内で立てた計画を完璧にこなした。
自宅の部屋にもエアコンを入れ、室温を上げた。

人は亡くなると少しずつ体温が下がってゆく。
鑑識は大抵直腸で体温を測り死亡時刻を推定する。その他の現象、角膜の白濁なども加るだろうが、普通直腸温度が緩やかに下がり始めるのは二時間くらいたってからだ。
二時間余りの間にやれるだろうか、死後硬直が始まるまでに移動は完了するだろうかと、尊は微かに逡巡したが迷う暇はなかった。

自宅に戻ると、倉庫から母が使っていた折り畳み式の車椅子を運び出した。
例え痩せていても、父は骨太で一人の力で運ぶのは困難だ。だが、これなら乗せてしまえば尊だけの力で運べる。
父の車は車椅子がそのまま乗る介助カーなので都合が良かった。
父は母の為に家中の段差をなくし玄関スロープをつけ、階段にリフトを設置した。
母の通院のために購入した車、リフォームした家が、今は琉生を守る。

「お母さん。琉生を守ってやって下さい。罰はみんな僕が引き受けるから……」

空を見上げ、小さくつぶやいた。

*****

再び琉生の部屋に戻り、車椅子で父を運ぼうとしたとき、尊は玄関で鍵を開ける音を聞いた。
琉生はバイト先から、早い帰宅をしたのだった。

「え?琉生……?」

思わずその場に父を横たえ、慌てて布団を掛ける。
ここで琉生に父の遺体をみられたら、全てが水泡に帰してしまう。
尊は息を詰め、身を隠すと様子を伺った。
尊の気も知らず、琉生は気配を感じとり奥の部屋へ入ってゆく。

Posted by: ashleycl at 06:36 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 40 words, total size 4 kb.

November 25, 2015

隨著時代的變遷步入社會之後

不知道從什麼時候開始,官員們又開始戴起手錶來。我們這個社會,官員不僅領導百姓,而且領導時尚,於是一窩蜂似的,比較時髦的男人手腕上又開始戴上了金光 燦燦的手錶了。說起來很好笑,政治上有三個代表,官場上有"大表哥”,小品裡有"表叔”,因為高級名表倒下了不少腐敗官員。小小的手錶,沒想到在偉大的中 國,竟然成為反腐的工具!真是世界的奇葩,也是中國的悲哀。據媒體報導,有一段時間,好多政府官員都不敢戴手錶了。不是可笑,而是可恨。

我 也不能免俗,心裡又開始發癢,也希望戴上一塊比較時尚的男士手錶了。後來聽說單位給生日禮物,以前都有的,現在應該也有。可是偏偏輪到我到這個單位的時 候,這樣的好政策沒有了,於是盼望單位發手錶的希望就像鮮花一樣很快凋零了。去年有一天堂弟開了工資,毫不猶豫地在網上訂購了一款手錶,我心裡多少有點羨 慕。就笑著給堂弟開玩笑說,你真知道心疼自己,就不知道給我買一塊?堂弟也笑著開玩笑說,等我有錢了,等我有錢了。我也笑了,你什麼時候才能有錢給我買 啊。算了,我還是不要了吧。

去年過春節時候,回家過年,有一天愛人拿出一塊手錶,說是兒子給我買的,心裡一陣感動,差點流出眼淚來。這多 年,我已經很少照顧到兒子,雖然關心有餘但深感能力不足,幾年來看見兒子的機會都很少,而且生活的壓力依然在催我奮進,好多好多的心願都難以實現了。兒子 越是善解人意,懂事知道心疼人,做父親的心裡越是揪心。既是為兒子感到自豪,也深深的感到自責與慚愧。這幾年,兒子給我買過相機、買過手機,買過皮鞋、買 過皮帶,買過鋼筆、買過衣服,買過電暖氣、買過手錶,我給了兒子什麼,又給了兒子多少,每當想起兒子和女兒,我這做父親的心裡真是很難過,我親愛的孩子 們,你們真的很聽話也很懂事。看著兒子給我的手錶,我非常激動也十分高興。可是說句心裡話,到現在我還真的沒有太戴過。原因一是手機上就有時間,用不著戴 手錶了;二是我本來是一個喜歡簡單不喜歡複雜更不喜歡炫耀何況也炫耀不起來的人。所以兒子給我的這塊手錶,我雖然有時間也看一看,心裡很喜歡,但真正也戴 不著了。雖然不戴,我仍然很珍惜。

Posted by: ashleycl at 07:06 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 16 words, total size 3 kb.

November 23, 2015

相信會是出至她的筆下

more...

Posted by: ashleycl at 06:26 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 4 words, total size 2 kb.

November 10, 2015

淒涼痛苦的老年生活

扯遠了扯遠了。為了您生活充實、高雅、有趣,我現在努力地培養著寫作愛好。據仔細觀察,做我這個職業的退休後多半生活都不如意,職位越高越是如此。這是因 為失落感造成的。大凡一個勤奮的公務員,都把一生的精力獻給了事業。這份事業突然不要他的時候,才發現自己一無所有,包括興趣愛好。事業不可寄託,又無私 好替代,無聊便生寂寞,寂寞催生失落。失落導致失衡,失衡導致​​怨尤,怨尤令人生厭,就在所難免。

我想趁現在精力尚好,在退休前十餘年 的光陰裡,擠些時間寫一些不倫不類的文字留給您。按一年三萬字記,到您那裡估計得有四五十萬言吧。您在酒香里薰夠了,在花香里睡醒了,就幫我整理整理這些 文字吧,以您風沙砥礪的閱歷和山高水長的見識,一定會幫我整理出一部不精彩卻絢爛的人生。

最後,用雪小禪的話結束今天的對話並共勉:把自己活成一種方式,活得沒有時間和年齡,這是最美的修為。與光陰化干戈為玉帛,把光陰的荒涼和蒼老做成一朵花別在衣襟上。 more...

Posted by: ashleycl at 06:40 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 13 words, total size 3 kb.

February 12, 2015

春天有全新的空氣

春天來了,仿佛是從漫長而寒冷的冬季裏脫胎而出的嬰兒,處處充滿了蠢蠢欲動的生機和新鮮躁動的活力。又像從深閨中走出來的少女,帶著清新的嫵媚,卻又和羞走,倚門回首,露出無限清純的誘惑。 more...

Posted by: ashleycl at 07:15 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 6 words, total size 4 kb.

November 08, 2014

夏季清潔護膚不可忽視

炎夏即將到來,汗水、油脂分泌大增,加上空氣中的塵垢,毛孔容易積聚汗垢,老死的角質細胞無法自然剝落,便會在皮膚表面積厚,做好深層清潔工作,這洋才能保證皮膚順暢地呼吸。 more...

Posted by: ashleycl at 04:57 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 9 words, total size 2 kb.

October 07, 2014

約會的是壹位過去的老相識了

我是不大願意赴約的,因爲宅習慣了,總感覺在家呆著可能要比出去自在。出去難免惹出許多麻煩,何況,跟別人在壹起又不能像自己壹人似的那般自在。然而,約會的是壹位過去的老相識了,自然又可例外。好吧,看壹場電影也是好的,其實我也是喜歡看電影的。可畢竟也還是約會,到底心還是撲騰跳了。這讓我看到,原來 我的死水也只是表面那薄薄的壹層,並不難打破的。原來我沒有呆滯麻木,卻還鮮活著。 more...

Posted by: ashleycl at 07:38 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 12 words, total size 11 kb.

August 15, 2014

鳥獸奇絕,四下裏望去

傍晚行走在西樵山的林間野徑,絕對算是壹件難得的幸福之事。人說西樵山七十二峰峰峰皆奇,四十二洞洞洞皆幽,我沒有看遍這七十二峰四十二洞,卻可斷言此語 非虛,身處群峰聳立之間,或遙望,或近觀,峰巒疊翠處無壹不是奇秀俊逸,姿態萬千,雲霞掩映下更有鬼斧神工,變幻莫測的自然造化,高低錯亂的山崖間又有不 計其數的石窟洞穴,大小形態各異,深淺寬窄不壹,但有壹點是相同的,那便是引人註目絕妙風光,讓人流連忘返,樂在其中。 more...

Posted by: ashleycl at 01:59 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 8 words, total size 3 kb.

August 08, 2014

不能坐以待斃,坐著等死

閑人反正閑著也是閑著,不能坐以待斃,坐著等死呀,尋思著要死也的找個人多的地方吧。憋了壹肚子的邪火,想著喝點泳池的水是不是吐壹吐就好多了啊,人才 吶,間直就是良藥。雖然身為壹個北方旱鴨子,畢生喝的泳池總的說來差不多也得有半池子了吧,但是為了死得瀟灑大方,光滑性感,必須得遊啊。 more...

Posted by: ashleycl at 02:55 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 9 words, total size 3 kb.

May 05, 2014

為了愛情曾經去過那裏

每天的嘻嘻哈哈,陽光爛漫,不代表我的心裏沒有事情在掛念 ,關於回憶,更多的是愛情,關於城市除了留戀便是傷感,我們沒法左右自己對他人的想念,沒法左右壹首歌帶來的淚如泉勇,沒法改變北京愛琴故事裏的結局,很 多是我們沒法改變的,從開始到過程再到結局,我們無壹不能改變,我們能改變只是改變自己,改變自己能夠更好地去這應這個社會,但是這應社會,卻不是叫妳忘 卻那些美好的回憶。 more...

Posted by: ashleycl at 06:45 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 18 words, total size 3 kb.

April 23, 2014

山野泛綠,碧水蕩漾,春天就這洋款款而來

人們在壹次次焦灼與期待中,終迎來了壹場場春雨,山野泛綠,碧水蕩漾,春天就這洋款款而來。就在這個孕育希望的節點,人們默默地閱讀著流年裏的靜好,憧景 著歲月的旖旎。隨著春的延展,花草漸次葳蕤,心田,便平添了壹抹欣喜,把那些可圈點的文字保存下來,使日後的閱讀不再單調和枯燥。 more...

Posted by: ashleycl at 06:38 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 20 words, total size 3 kb.

April 04, 2014

壹些下了自習課的學生六六續續走過時也被這氣氛感染滯留不前,壹些年紀很小的學生鉆進人群擠到了最前面的車邊上張望著。

老感覺那些舞者不小心可能會壹腳踢到哪個人的。。 more...

Posted by: ashleycl at 07:08 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 22 words, total size 2 kb.

April 01, 2014

我靜靜的想妳,想妳的美麗臨寄孤城

微風吹不起殘花的香跡,悄悄的問候卻又不曾回頭,哪怕壹眼,好像已成了壹種奢侈,沈醉在邂逅的午夜,誰不曾哭泣,誰又不陷入沈思,誰又記得風花雪月下的蠶桑。 more...

Posted by: ashleycl at 04:25 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 7 words, total size 2 kb.

March 03, 2014

時間太久,故事太長

沈伊是六曉的初戀,轉眼已過去了8年。那時的她還不似現在這般出彩,留著短短的學生頭,不太愛張揚,壹次尋常的擦肩而過令六曉對沈伊那雙如小鹿般精靈的大 眼睛過目不忘,實際令六曉心醉的何止是沈伊的眉眼,只是任誰也奈何不了命運的捉弄,如若時光能夠倒流,遠在歲月那端的彼此是否會選擇另壹種方式來愛對方, 那麼結局是否也能不壹洋。 more...

Posted by: ashleycl at 08:01 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 30 words, total size 6 kb.

January 23, 2014

城裡的印象

仿佛突來的春風,草木壹般頑強地、菁菁地蔓延了大街小巷。深藍、海藍或者寶藍都已是尋常人家的色彩;墨黑、茶青和品綠也成為路口壹道道的風景線;更有大膽的,昂首挺胸地將褐色穿得個性十足;粹白或雪青卻沒遇見過,不過,時間總會讓我們看見的。 more...

Posted by: ashleycl at 08:02 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 12 words, total size 4 kb.

January 10, 2014

獨倚幽窗,望著簾外的世界

心有戚然淚斑凝,蕭世霜雨幾時休?駐足年歲長河,掬塵在手,以歷果腹,這壹程疼痛,我不敢奢望誰人感同,何人透晰,只求壹路走來,面對凡塵百態,我還可淡淡笑過。 more...

Posted by: ashleycl at 06:26 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 21 words, total size 4 kb.

January 02, 2014

明天會等妳嗎

可明天會等妳嗎?那壹絲白發又說明了什麼呢?那額頭壹深壹淺的痕跡是風吹出來的,還是不小心起的皺褶呢?是不是我們可以熨平那些苦澀的記憶?然後靜待流年,看花開花落呢? more...

Posted by: ashleycl at 03:30 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 10 words, total size 2 kb.

December 23, 2013

艱辛苦難的歷程

有時,我們不妨放眼再看看周圍和生活中那些正在經曆苦難的人,不由地想長歎壹聲,他們的苦難想和人訴說,又有誰人願意去傾聽;面對他們的訴說,有人會以之爲笑料,他們會遭遇別人的恥笑,甚至會有人送上壹句:"天生就是個受苦的命”。 more...

Posted by: ashleycl at 06:33 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 11 words, total size 3 kb.

December 02, 2013

中國文化中的禮

中國文化有壹個重要的觀念:"待人處事,以和爲貴。”壹團和氣,宛如甘露滋閏心靈的根須,享受眼光的暖意,擁抱白雲柔軟的軀體,呼吸幸福的新鮮空氣。聽聽客客氣氣的言語,知人心意,理解他人,品安全之音,爬快樂之山,行穩妥之舟。 more...

Posted by: ashleycl at 07:03 AM | No Comments | Add Comment
Post contains 13 words, total size 4 kb.

<< Page 1 of 3 >>
38kb generated in CPU 0.05, elapsed 0.0386 seconds.
30 queries taking 0.0091 seconds, 101 records returned.
Powered by Minx 1.1.6c-pink.